平河町のオフィスビル 鉄骨製品検査その1

北九州にあるKHファシリテックさんに平河町の鉄骨製品検査に行ってきました。

↓1階の斜め柱


↓超音波を使って溶接不良がないかを確かめています。


↓1階と2階の間。梁を境に上下で柱の径が違います。


↓柱部材が取り付く前のジョイント部分。梁を仮止めしている状態です。


↓組み立てる前の鋼管。長い鋼管をこのように部品として切り出して、組み立て行きます。ミリ単位の精度の素晴らしい仕事です。


↓工場内は冷房は無くて、扇風機のみ。溶接は相当な熱を発生するので夏場は過酷な環境ですが、良いものを作ってくれていました。


今回は鉄骨は2つのファブで作ります。次は富山のファブに製品検査に行く予定です。


本橋