​神宮前の小さなビル

2009

敷地 : 東京都渋谷区
用途:テナントビル
建築面積:13m2

延床面積 : 26m2

規模 : 地上2階建て

構造 : 鉄骨造

共同設計 : ​四ヶ所高志

渋谷と原宿を繋ぐキャットストリート沿いに建つ極小のテナントビル。
敷地の向こう側には別の小さな通りと接しているので、ガラスの箱を片側に寄せて置き、通り抜けが出来るようにしている。その通り抜け側にエントランスを設 けており、ファサードはガラスのみの面として視覚的に敷地全体が向こうの通り側まで抜けるようにしている。
また建物のスケールは極端に小さいのだが、在来の部材は規格のため相対的に部材が大きく見えてしまう。そのためこの建物では部材の取り合いや組合せを工夫 し、梁や柱の厚みの中に納めるようにして部材が際立って出てこないよう部材レベルのスケールの調整を試みている。